教師用ページ

『げんき』をお使いの先生方に、追加教材や教室活動のアイデアを提供するページです。

※以下で提供する教材の著作権は、著者、イラストレーター、または当社が所有します。

補助教材はこちら

著者による『げんき』のご紹介

『げんき』の全体構成

  • 目標レベル
  • 〈会話・文法編〉と〈読み書き編〉
  • 学習項目一覧(PDFリンク)

『げんき』改訂の方針とポイント

  • 4つの方針
  • 12のポイント

教師用データ集・補助教材

教師用データ集を購入する
  • 会話場面イラスト集 1・2
    テキストの「会話」を紙芝居のようなカラーの場面イラストにした、音声付きのスライド教材です。
  • カラー版 げんきな絵カード[第3版]1・2
    〈会話・文法編〉で学ぶすべての形容詞と動詞、およびイラストで表現できる名詞や表現を、カラーの絵カードにしたPDF教材です。
  • ワークブック解答PDF
    ワークブックI・IIの全ページに赤字で解答を入れたPDFです。
  • 文法説明[日本語訳]
    英語で書かれているテキストの「文法」の日本語全訳です。げんき全課分を収録しています。
補助教材をダウンロード
  • 追加アクティビティ
    テキストの練習に追加して行うことができるアクティビティです。ワークシートも用意されています。
  • 学生用チェックリスト
    課の目標を学生に示し、その課の修了時にチェックさせるための英文のチェックリストです。
  • セクション別 改訂リスト
    第2版からの改訂内容をセクション別にまとめました。第3版に移行する際の資料としてご活用ください。
  • MP3音声ダウンロード
    PCでの再生やLMSへのアップロードができるMP3形式の音声がダウンロードできます。
  • 音声付き「練習」スライド
    <会話・文法編> の練習を音声付きでスライド化。教室でもオンライン授業でも利用できます。
  • 動詞・形容詞 活用練習スライド
    『げんき』で学習する動詞と形容詞の活用形が練習できるスライド教材。
  • フラッシュカードPDF
    げんきで学習する形容詞・動詞、および漢字のフラッシュカード。
  • さくいんデータダウンロード(文法/漢字/単語)
    『げんき【第3版】』で学習する単語・文法・漢字のさくいんをExcelで提供します。
  • ワークブック解答用紙(PDFフォーム)
    ワークブックの解答がタイプ入力できるPDFです。オンライン授業の課題提出に便利。

リンク集

・げんき文型ビデオ集

http://genki.japantimes.co.jp/site/video/jp/
『げんき』で学習する文型をスキット動画で紹介する、全132本のビデオクリップ集。文型ごとに1~2分の楽しい動画にまとめました。文型の導入や練習、既習項目の復習など、クラスや自宅学習で幅広く活用できます。[作成:坂野永理・梅川ゆう子・佐藤美穂(岡山大学)]

・兎ちゃんの元気リソースページ(Usagi-Chan’s Genki Resource Page)

http://www.csus.edu/indiv/s/sheaa/projects/genki/index.html
ひらがな・カタカナ・漢字・単語の練習ができます。ひらがな・カタカナのページには、全文字の書き順ムービー、ドラッグ&ドロップ形式の練習、練習シートとフラッシュカードのPDFがあります。[作成:Andrea Shea & Kazue Masuyama]

・げんき漢字クイズ(Genki Kanji Quiz)

http://www.victoria.ac.nz/llc/llc_resources/genki/index.htm
穴埋め、マッチング、並べ替え、クロスワードなど、いろいろな問題形式を通じて、漢字と漢字語彙が楽しく練習できます。[作成:Edith Paillat (Victoria University of Wellington)]

・KanjiAlive

http://kanjialive.com
シカゴ大学のプロジェクトチームによるオンライン漢字学習支援ツール。1235字の漢字を収録したデータベース。漢字の検索条件に『げんき』も登録されており、課数を入力すると、その課で学ぶ漢字がリストアップされて、各漢字カードにアクセスすることができます。[作成:Kanji Alive Team (The University of Chicago)]

・MyKikitori―Practice Your Japanese Listening Skills

http://mykikitori.com/
第1課~第12課の文法項目と語彙を含んだ、オリジナル会話の聞き取り練習。各会話はナチュラルとスローの2種類の会話スピードが選べます。内容確認の問題付き。[作成:佐藤愛子(サンフランシスコ州立大学)]